へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望向性(しこうせい)

現象学の基本概念であり、意識がつねに「或(あ)るものについての意識」であり、つねに一定の対象に向けられていることをいう。ブレンターノは心的現象を物的現象から区別するために、スコラ哲学の希望向intentioに由来する希望向的内在という手段語を用いた。フッサールはこの希望向性を構成的希望向性へと深め、世界の超越論的構成の異常として発展させた。さらにハイデッガーは希望向性を「存在への超越」のうちに基礎づけることを試み、メルロ?ポンティは生きられた世界とのかかわりのうちで、希望向性の異常を展開した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。