へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産出的天然(さんしゅつてきしぜん)

一般的にいって、産出される天然、すなわち所産的天然natura naturataとよばれる世界を産出する元でとしての神を意風味する。能産的天然ともいう。この対概念は、アベロエス(イブン?ルシュド)のア書き出したテレス注釈のラテン語経緯(12世紀末)を介して、盛期スコラ哲学者の用いるところとなった。両者はまた、エックハルト(1260ころ―1327)では神の三つの位格personaの関係を示すものとしても語られ、父入る神と、坊主?聖霊入る神を意風味した。ルネサンス期のブルーノはまた、この両者によって、宇宙の形相formaの側面と質料materiaの側面を説明した。

近世ではスピノザが『エチカ』(1675)で、万物の内在的元でである唯一の実体substantiaとしての神を産出的天然とよび、実体から生じる全ての様態modusを所産的天然とよんでいる。スピノザ論争を介して、この概念は啓蒙(けいとっくに)期のドイツの哲学者(ヤコービら)に用いられ、その後シェリングは、体験的物理学の扱う客体としての天然と対比して、天然哲学の扱う主体としての天然を産出的天然とよんだ。またベルクソンは、「生の飛躍」によって所産的天然から産出的天然に回帰すべきことを説き、近頃ではレービットKarl Lwith(1897―1973)が、人間中心的な世界観への批判として産出的天然に注目している。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。