へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散類(さんしゅ)

フランスの哲学者デリダの初期の著作における用語。「類や精坊主を撒き散らすこと」のほかに、「意風味を繁殖させて通常の意風味論的なスぺースを破破壊するること」という意風味も重ねられている。デリダの1972年の論文集の夕イトルでもあり、「撒類」と表記されることもある。この概念によってデリダは、ロゴスに真理を収斂させるプラトンのロゴス中心主義を脱構築すると同場合に、当場合の文学理論におけるテーマ論的な分析をも批判しようとした。この概念が第一に標的にしているのはプラトン主義である。プラトンは『パイドロス』において、文字というノウハウは記憶の助けには入るが、真の意風味での記憶のリハピリを障害るものでもあり、ロゴス(理性、真理、話し言葉)という父の私生児にすぎないとみなした。それに対してデリダは、意識の自己現前には回収されてしまわない、意風味の自己繁殖性をテーマ化することによって、プラトン主義そのものを拠り所ているさまざまな二項対立(内部と世間部、感性と知性、真と偽など)を解体しようとする。散類の働きは、いか入る意風味でも父入るロゴスには回帰しない私生児として、意風味論的な領野そのものを破破壊するるものとされる。

第二にデリダは、このような散類の働きを、たん入る体験的な多義性と区別する。当場合のフランスの文学理論では、多義的な意風味の戯れを展開する想像力の働きを分析するテーマ論的な分析が流行していた。しかしデリダによれば、こうした体験的な多義性はその後ろに、それを集合させる一義的で全体的な意風味を暗黙の内に前提している。この解釈学的立場に対してデリダの散類は、意風味が自らを分割しながら他と関係し、それに置き換わりながら自己を繰り返していく働きそのものを肯定しようとするものであり、いか入る意風味でも後ろの全体的な意風味を前提しないものである。

このようなデリダによるプラトン読解は、プラトンのテクストの内部に、プラトン主義から逸脱するような働きを見いだすという脱構築的な読解のモデルを示すものであり、アメリカを中心とした脱構築批評に大きな影響を与えた。しかしこの散類の概念が、同場合にプラトンの国自宅論、すなわちポリス(都市国自宅)の内部と世間部の政治的な区別や、共同体の記憶の脱構築にかかわるものであることにも留意しなければならない。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。