へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悟性(ごせい)

広い意風味では思考の才能を意風味し、感覚的な諸才能、すなわち一般的にいって感性と対立する意風味で使われるが、とりわけカント以後定着した今昼間の時間の用法においては、他方で、より高次の認識才能、あるいは才能一般としての理性(さらにヘーゲルの時には、なんらかの意風味で文化的、群れ的なきずなの総体としての精神)に次ぐ位置を占めるものとみなされる。もともと中世哲学の思考において、さらに近世に入っても典型的にはスピノザの時などには、理性ratioは間接的推論による認識を事とする才能として、低次の感性的直観の才能と高次の知的直観の才能たる知性intellectusの中間に位するものと考えられていた。ところが、とりわけ啓蒙(けいとっくに)時代以降における神学的形而上(けいじじょう)学の退潮ないし世俗化という時代の潮流に伴って、知的直観といったものを認めないカントを一つの転機とし、また典型ともして、元来は知性intellectusの経緯語であったVerstand(ドイツ語)、understanding(英語)、entendement(フランス語)などの語と中世以来の「理性」との間に地位のあべこべ転がおこり、以来「悟性」は、推理の才能としての理性の下位に位置する決断の才能という意風味を獲得し、これに従ったヘーゲルの影響の大きさなどもあずかって、この用法が今昼間の時間までほぼ標準的となったのである。とはいえ、カント以後においても、たとえばシェリングなどは、Verstandの用語を昔ながらの直観的知性の意風味で使用する時がままあり、これに知性でなく悟性の経緯があてられる時には(この経緯語自体、直覚的悟達の才能という意風味がむしろ古来の用法のほうに元来対応するものであったのだが)、読解には細心の用心を不可欠とする。かつては『人間悟性論』と経緯されたロックの著作が、今昼間の時間では多く『人間知性論』と経緯される傾向にあるのも、ロックの時には中世形而上学への批判的傾向が強く売れるとはいえ、なおカント的な理性―悟性の区別の出現従来の時代のものであることを考えると、当を得た処置と考えられよう。経緯語の定着整理には、今昼間の時間の状勢からみて、なおしばらくの歳月とメロディー折を不可欠とすると思われるが、ことは、単に経緯語の異常にとどまらず、近世西欧の思考での大きな転換が絡むものでもあるので、用心深い心遣いと検討を不可欠としよう。いずれにせよ、今昼間の時間では、古典的形式論理学がもはや歴史的なものと化した以上、カント的な理性―悟性の区別が生きたものとしてそのまま使われることはない。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。