へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コペルニクス的転回(こぺるにくすてきてんかい)

カントが、自分の学説の独創的入ることを自負して用いた語。以前、認識は、すでに存在している世間界を主観がいかに浴び導入するか、というところに成立すると考えられていたが、カントは、認識の対象である世界は、スぺース?場合間および範疇(はんちゅう)という感性?悟性の先天的形式にのっとってもともと主観が構成したものである、と言い分し、天文学において着想の転換を図ったコペルニクスに自らをなぞらえたのである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。