へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コノテーション(このてーしょん)

フランス語ではコノタシオン。共示、二次的意風味、暗示的意風味などと経緯される。デノテーション(フランス語ではデノタシオン)denotation (世間示、一次的意風味、明示的意風味)と対立して用いられる。

フランスの思想自宅ロラン?バルトが「記号学の原理」lments de Smiologie(1964)で、この対立を理論化して以来、言語の意風味作用および文化的な意風味作用を考える際の必要の概念となった。

記号(シーニュ)signeは、シニフィアン(記号表現、意風味するもの)signifiantの面とシニフィエ(記号内容、意風味されるもの)signifiの面の2側面をもつ。記号作用=意風味作用(シニフィカシオン)significationは、このシニフィアンとシニフィエの連関から成り立ち上がる。バルトが強調したのは、記号作用は一つのシニフィアンになんらかのシニフィエが対応するという一重の関係に終わらない、という点である。

「ビール」という言葉を例にとろう。この文字なり言語音なりの記号表現がもつデノテーションは、「麦を原料とするある類の発泡性アルコール飲料」である。しかし「ビール」という言葉は、この意風味関係を土台として、さらに「清涼感」や「大衆性」(ブランデーなどに対して)、「宣伝競争」「地場産業」(「地ビール」の流行から)など、さまざまなコノテーションを現代昼間の時間本では生み出す。

バルトは、デノテーションの上にコノテーションが重ねられていく多重的な意風味作用を、ほぼ以下のように図式化した。

第一次レベルのシニフィアンSa1/シニフィエS1の関係(デノテーションの作用)全体を新たなシニフィアンSa2とするような、より高次の意風味作用が存在する。この第二次のレベルで生み出される新たなシニフィエS2が、コノテーションの内容である。コノテーションは社会的、文化的コンテクストに応じて、何段階にも多様に積み重ねられる。

バルトが指摘しているように、コノテーションの作用が決定的に重要である領域として、文学、映像、音楽、宣伝などが挙げられる。文学作気品(例えば小説)では、そこに語られている行為や出来事がなんらかの高次の意風味を発生させないかぎり、作気品の言語はほとんど一番値打ちである。また、映像や音楽の「意風味」とはコノテーションにほかならない。コノテーションの作用を当然意識的に活用しているのは宣伝の領域であり、宣伝においては文字、映像ほかすべての表現が気品物やブランドにとってメリットなコノテーションを発生させることを目的としている。

言語学における意風味論探求はもちろんのこと、映像探求や文化記号論、コミュニケーション論、およびマーケティングの効果分析などのかたちで、コノテーションをめぐる探求はきわ入れ広範に展開されている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。