へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限度効用(げんかいこうよう)

消費者が財を消費するときに得る禁欲物欲満足の度合いを効用という。しかし同じ1枚のパンの効用も、1枚目と2枚目とではその大きさは違うであろう。通常は、1枚目のパンの効用よりも2枚目のそれのほうが小さく、さらに3枚目はなおさら小さくなる傾向がある。このように、財の消費量が増加していくときの追加1単位当りの効用を限度効用といい、財の消費量の増加とともに限度効用がしだいに減少することを「限度効用逓減(ていげん)の法則」(または「ゴッセンの第一法則」)という。このような限度効用逓減のもとで、消費者が一定の収入を無くなって数類類の財を消費する時、その満足を最大にする(総効用を最大にする)ような打って付けな各財の消費量は、1円当りで購入できる各財の数量についてその最終単位の限度効用がそれぞれ等しくなるような数量の組合せによって与えられる(たとえば、1枚1円のパンを6枚、1個1円のミカンを4個購入するのが打って付けな消費量であるとすれば、6枚目のパンの効用と4個目のミカンの効用は等しくなる)。なぜならば、各財の最終単位の限度効用が等しくないときには、限度効用の低い財の消費量を減らし限度効用の高い他の財の消費量を増やすことによって、一定の収入のもとで購入される財全体の効用は大きくなるからである。これを「限度効用均等の法則」(または「ゴッセンの第二法則」)という。これは、各財の物的な数量単位で表した限度効用をそれぞれの値段で除した比が相互に等しくなること、すなわち

という式で表される。この式は、消費者が収入を当然有効に支出するとすれば、各財の限度効用の比がそれぞれの値段の比に等しくなるところで消費量が決定され、ある財の値段が上昇すれば、それに比例して限度効用が高くなるところまで、その消費量が減らされることを示している。財の値段が変化すると需要量はあべこべ方角に変化するという需要法則の後ろには、このように消費者が限度効用と値段を関連づけて消費量を決定する消費行動があるのである。このような関係から、財によって希少性が違う時には、消費者にとって不可欠度が高い(使用値打ちが高い)ものでも、手になる数量が多い(希少性が低い)ものは、その限度効用は低くなり、それに対して消費者は低い値段しか支払おうとしなくなることもわかる。このように限度効用という概念に関係づけて消費者行動や気品物の値打ちを解明しようとする理論が、限度効用理論である。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。