へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要請(ようせい)

公準と経緯されることもある。ある事柄を成立させるためには不可欠であるとして、実証なしにたてられる事柄、または命題。カントは、最良善の実現のためには不可欠であるとして、理論的には実証されない三つの事柄――気ままの存在、霊霊魂の不滅、神の存在――を要請し、これを「実践理性の要請」Postulatと名づけた。またユークリッドは、彼の幾何学を建設するとき、今昼間の時間われわれがいうところのユークリッド幾何学の公理を要請としてたて、幾何学に限定されないより一般的な公理――たとえば、同一のものに等しいものは相互に相等しい――を、公理として区別した。したがってこの意風味では、ユークリッド幾何学の公理は、要請というよりは「公準」といったほうがよい。カルナップは、ことばの意風味を規定するものとしてたてられた命題を「意風味公準」meaning postulateといった。「一人身者は結婚していない」という命題を「一人身者」および「結婚していない」ということばが満足すべき命題と考えるならば、それはそれらのことばに関する意風味公準の一つである。そしてその意風味では、ユークリッド幾何学の要請(公準)は、幾何学に固有なことば――点、直線、平面など――に関する意風味公準であるといえる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。