へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行動主義(こうどうしゅぎ)

心情学の対象を意識としないで、人および動物の客観的な行動とする立場。ブント以来の意識心情学に対し、「内観」を退け、もっぱら刺激と動作との関係、それから構成された体系を扱う。1913年、アメリカの心情学者ワトソンは『行動主義者からみた心情学』という論文により、この立場を言い分し、以来、アメリカ心情学の主要な潮流となっている。






目次



行動主義


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。