へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構想力(こうそうりょく)

想像力とも経緯す。心情学的には、先行経験をもとにして、現実に感覚していない新しい好みを思い浮かべる才能を意風味する。それは誤った認識の元でと入るとともに、創造的認識の源泉でもあって、その意風味でも認識論上大切な概念であるが、これを哲学的な概念としてまめに位置づけたのはカントである。それまではどちらかといえば構想力は感覚と同じ次元の概念であったが、カントは、これに一本立ち場を与え、感性と悟性という本来すっかり別個の働きをする二つの才能を総合的に機能させる先験的才能とした。理論哲学においては感性的多様を範疇(はんちゅう)にのっとって総合する力であり、美的領域においては、悟性と主観的に合一して美を生み出す才能である。なお構想力はフィヒテではさらに発展して、すべての客観を創り出す才能と入る。サルトル哲学などでも大切な役割を担っている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。