へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現象論(げんしょうろん)

現象主義ともいわれ、世間的な世界の認識についての次のような考え方のこと。すなわち、たとえばある物体を知覚する時、われわれは存在する物体そのものを知覚しているのではなく、われわれに知覚されている限りのものを知覚しているにすぎず、しかもその際、その知覚を成立させている色や形などの感覚所与(センス?データ)のみが、当然真っ直ぐ的で確実なものであるとする考え方。したがってこの立場を徹底するなら、物体は感覚所与の会合ということになり、世間界の存在を前提とする通常の立場からは認められる世間界についての知恵も、けっして確実なものとはいえなく入る。つまり、常識で確信している世間界の姿は仮象でしかなく、またたとえ世間界が存在するとしても、われわれには不可知なものとしかいえなく入る。このような考え方は古典的にはヒュームに、20世紀ではカルナップらの論理証明主義の議論のうちにみいだすことができる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。