へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現象学(げんしょうがく)

現象を開示する学をいう。しかし現象をどう読むかによって、現象学はさまざまな意風味をもつ。現象学ということばを用いた初っ端の哲学者はランベルトであり、仮象論の意風味であった。カントは『天然科学の形而上(けいじじょう)学的基礎』において、運動を世間官の現象として扱う第四部を現象学と名づけた。現象学に決定的な意風味を与えたのはヘーゲルである。『精神の現象学』は、感覚理想的信から断然知へ至る意識の体験を叙述している。しかし今昼間の場合間現象学といわれているのは、フッサールに始まる現象学のことである。フッサールは現象学ということばをカント、ヘーゲルから継承したのではない。当場合の天然科学、心情学において、直観とかけ離れた概念構成に対する批判として現象学が語られていたが、そうした現象学的手立てを徹底するものとして、フッサールは自らの哲学を現象学と名づけたと考えられる。






目次



現象学


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。