へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現象(げんしょう)

形式的にはわれわれの意識主体に現れている事実一般をいう。しかし現れている「すがた」がどうとらえられるかによって、現象はさまざまな意風味をもつ。

(1)知恵の対象と入るすべての体験的事実を意風味し、天然現象、社会現象、心的現象などといわれる。

(2)「或(あ)るものの現れ」として、それが現れることによってそれ自身とは別のあるものを指示する。たとえば煙という現象は火を指示している。火の存在は「火の現れ」としての煙という現象を案内して知ることができる。

(3)仮象としての現象。現象が鉄則と分離?対立させられ、現象は鉄則、真の実在を覆い隠すものとされる。現象のうちにはいか入る真理もないとされ、鉄則、真の実在は現象を案内して((2)のように)ではなく、仮象としての現象を除去することによって認識される。

(4)カントにおける現象。現象と鉄則との区別という枠組みを前提し、しかし(3)と異なり鉄則そのものの認識は原理的に無茶苦茶であるとされる。カントにおいて人間が認識できるのは、直観形式である場合間?スぺースとカテゴリーによって秩序づけられた現象のみである。現象は単入る仮象ではなく体験的実在である。物自体はけっして認識されえない。

(5)現象と鉄則との統一。ヘーゲルにおいて現象こそが鉄則を示すのであり、すべての鉄則は現象する。断然者自身が現象することがヘーゲル哲学の根本をなしている。

(6)現象学における現象。ハイデッガーはギリシア語phainomenonに立ち返り、現象を「自己をそれ自身に即して示すもの」とした。現象はその後ろにけっして現象とはならない鉄則を隠しているのではないが、現象がさしあたり隠蔽(いんぺい)されていることはありうる。現象学はその覆いを取り除き、現象を開示することをその課題とする。ハイデッガーにおいて、現象学の現象は存在者の存在であり、存在論は現象学としてのみ可能である。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。