へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言語哲学(げんごてつがく)

言語の鉄則や機能の異常、言語と思想、言語と事物の関係といった意風味論的異常などを対象とする哲学。人間は「ことばをしゃべる動物(ホモ?ロクエンス)」といわれるように、言語は人間存在の鉄則的条件の一つである。それゆえプラトンの『クラテュロス』やア書き出したテレスの『命題論』以来、言語の本性の探究は哲学者の大切な興味事であった。だが「言語論的転回」とよばれるように、言語が哲学の中心異常の位置を占めるに至ったのは20世紀にめりはり的なできごとである。そのための地ならしは19世紀にフンボルト、ソシュール、フレーゲの3人によってなされた。言語を単入る伝達の術ではなく世界観の表現であるとするフンボルトの思想は、カッシーラーの『象徴形式の哲学』(1923~29)に浴び継がれ、ドイツにおける現象学や解釈学の言語哲学に影響を及ぼした。またソシュールは、社会的制度としての言語(ラング)を記号間の差異の体系としてとらえ、後のフランス構造主義の展開に理論的基礎を与えた。現代論理学の祖と目されるフレーゲはラッセルとともに言語分析の手立てを確立し、哲学は「言語批判」であるとするウィットゲンシュタインを便秘気味て、論理証明主義および分析哲学の展開に道を開いた。

1960年代以降は隣接諸領域との相互交流も相まって、言語哲学の繁栄には目覚ましいものがある。モリスは言語探求の領域を統語論、意風味論、語用論に区分したが、その三分法に従えば、統語論の領域ではチョムスキーの変形生成文法が17世紀の普遍文法の理想を追求して心情学や情報科学との連携を深め、また意風味論においては様相論理学の可能世界モデルに依拠してクリプキが言語の指示機能の解明に新生面を開いた。さらに語用論の領域では、オースティンの言語行為論が言語使用の行為遂行的機能を緻密(ちみつ)な分析によって明らかにし、その影響は社会諸科学に及んでいる。今昼間の時間言語哲学は、人間諸科学に対して基礎学の位置を占入れいるといってよい。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。