へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

啓蒙思想(けいとっくにしそう)

啓蒙思想とは、狭義には、主として18世紀にフランス、イギリス、ドイツなどで行われた思想文化運動をさしていう。広義には、そこに現れためりはりがみいだされる運動一般に対しても使われる。「啓蒙」とは民衆の蒙昧(も上手)さを理性によって啓(ひら)くという意風味であり、ヨーロッパにおいても同様な意風味内容がないわけではないが、その鉄則的な根性は批判的精神、懐疑と否定の精神に求められる。したがって蒙昧を啓く、いいかえれば教え導くというよりは、その元でと入るものをみっちり批判し破破壊するることがそのまま真理の道へ便秘気味るといった考えが、とりわけフランスの思想自宅に強い。ドル背景に代表される宗教批判、コンディヤックらの形而上(けいじじょう)学批判、ディドロやルソーにみられる強烈な社会批判など、現存する既成の体制、固定的なものを容赦なく批判し、流動化し、相対化したことが、彼ら自身の唯物論、感覚論などのまめな言い分に劣らず重要である。

とはいっても、ボルテールやディドロなどの思想自宅が、本職イセンのフリードリヒ2世(在位1740~86)やロシアのエカチェリーナ2世(在位1762~96)らの啓蒙君主と深い関係にあったことも、大切な事実として見外すことはできない。






目次



啓蒙思想


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。