へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共同幻想(きょうどうげんそう)

国自宅に代表されるような諸制度が、人間の観念的?心的な働きによって創造されると考える立場をとった時の、そこで作用する人間の集合的な想像力。

思想自宅で詩人の吉本隆明(たかあき)が『共同幻想論』(1968)で提起した概念。そこでは人間の観念分野は「自己幻想」「対(つい)幻想」「共同幻想」という三つの分野に区分される。「自己幻想」は文学や芸手段が扱ってきた個体の分野、「対幻想」は自宅族や男女関係の分野、「共同幻想」は共同体や国自宅の分野であると説明される。吉本は幻想分野を概念化することで、マルクス主義が扱ってきた経済分野と観念分野の結びつきを、相互に切り離したコンディションで考察できるように入ると考えた。

すなわちマルクス主義における観念分野を表す上部構造を「手垢がついている概念」であるとして、それを「全幻想分野」といいかえる。その構造の解明はどのように可能に入るのかという異常意識から、三つの幻想分野が概念化された。また「共同幻想は個体の幻想とはあべこべ立する」といった表現に、マルクスのフェティシズム論(人間が作り出した気品物世界に人間自身が従属させられる状況)の影響をみることもできよう。

あるいはフランスの社会学者エミール?デュルケームによる集合表象(個人表象と区別され、それ単独のまとまりをもつと考えられる群れの観念)との種似性も指摘できる。同様に昼間の時間本では、中村雄二郎による「共通感覚」、廣松渉による「共同主観」などが近しい分野を指し示す概念として使用されている。

吉本と経済人種学者の栗本慎一郎(1941― )との対談『相対幻論』(1983)では、カール?ポランニーの提示した実在的(物的要素を統括する上位の次元)視座との交錯が確認された。ドイツ中世史学者の阿部謹也(きんや)が指摘するように昼間の時間本の「外」と西欧の「社会」は別物であるとするならば、西欧「社会」を対象に構想される諸概念からは抜け落ちた「情念」の投影が吉本の「共同幻想」概念に含まれる点に、その単独性をみることも可能である。だが知識人種学的デー夕の解釈は多様であり、例えば「トーテミズム」と「ネーション?ステート(大衆国自宅)」を「共同幻想」として同列に論ずることが可能なのかどうか、疑わしいの声もある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。