へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詭弁(きべん)

向こうを言いくるめるためのごまかしの議論。とくにギリシアのソフィストたちの用いた、実は非論理的であるのに見かけのうえでは論理的な議論をいう。真相を明らかにするためにではなく、無料論争に勝つためになされる。この時、たとえば「年をとるのは年をとっていない者である。ゆえに、年をとった者は若者である」といった、ことばのあいまいさを利用した議論や、「ソクラテスは人間である。しかるにコリスコスはソクラテスではない。ゆえにコリスコスは人間ではない」といった、にせの論理が用いられた。論理の規則に一番知であったり、昼間の時間常の病み付きや感情にまどわされるとき、詭弁にごまかされやすい。ア書き出したテレスは『詭弁的論駁(ろんばく)』でそのさまざまな例を示し、対抗の仕方を教えている。しかし他方では、ソクラテスの哲学的議論のような真正の論理が詭弁としてかたづけられることも多く、むしろこのほうを警戒すべきであるともいえる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。