へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーモア(ゆーもあ)

人間の行動その他の現実の事象に対してそれをおかしみの面からとらえ、表現しようとする精神素振り、ないしはそこに表現された滑稽(こっけい)さそのものをさす。もとは古代ギリシア以来の西欧の古典的医学用語で体液を意風味するフモールhumor(ラテン語)に由来する。人間の体内には血液、粘液、黄胆汁(おうたんじゆう)、黒胆汁の4類の体液が流れており、これらの混合の度合いによって人間の性質や体質が決定されるとされた。近代になってしだいに気質、気分、とくに滑稽さやおどけへの傾向性のある気質の意風味で使われるようになり、そこから現在の意風味が生じた。現代の西欧諸言語のなかにもフランス語やドイツ語のように、これを英語を経由した形で使用しているものがあることからもわかるとおり、ユーモアは近代イギリスにめりはり的な精神性に対応した特質と考えられている。

ユーモアはその対象と入る人間等に対する同情、哀れみを含んだ情的寛容的根性を有し、この点で風刺の攻撃性とは対照的であり、またウイットwitやエスプリesprit(フランス語)のようなもっぱら理知的根性の才能である機知とも異なっている。ユーモアの時でも、矛盾と不条理に満ちた現実を、鋭敏な人間観察の目を案内して見つ入れいないのではない。しかしそのことを表に出さず、むしろ不完全な人間に宿命的なものとしてそのまま肯定するような素振りで、愚かしきふるまいを本意ならずも演じざるをえない人間の姿を慈しむ心をもったものであり、そこに特有の滑稽さが天性る。

昼間の時間本では明治初期、戯謔(ぎぎやく)とか俳情緒といった経緯語があてられたりしたこともあったが、英語本来の発音(ヒューマー)とはあわない「ユーモア」という呼び方が坪内逍遙(しょうよう)によって使い始められてから、これがしだいに定着していった。悲喜こもごものこの世界を一類の諦観(ていかん)にたって見晴らし、泣き笑いを催させるような人情風味を添えて描き出すユーモアは、昼間の時間本人の伝統的な滑稽感覚とも相通ずるところがあるといえよう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。