へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

還元主義(かんげんしゅぎ)

複雑で抽象的な事象や概念を、単一のレベルのより基本的な要素から説明しようとする立場。とくに科学哲学では、観察無茶苦茶な理論的概念や法則を真っ直ぐ的に観察可能な体験命題の集合で置き換えようとする証明主義的傾向をさす。マッハやアベナリウスらの体験批判論、シュリックやカルナップらの論理証明主義がその典型である。前者が感覚的体験への「事実的還元」を目ざしたのに対し、後者は観察命題への「言語的還元」を目ざすという違いはあるが、ともに反形而上(けいじじょう)学の立場では軌を一にする。後者はさらに、観察命題の記述に感覚与件言語をとるか物言語をとるかに応じて、現象主義と物理主義とに分かれる。また生物学では、生命現象は物理学および化学の理論や法則によって解明可能であるとする立場をさし、生気論に対立する。還元主義は、心情学上の行動主義や社会科学上の手立て論的個体主義を擁して、統一科学の理想を追求したが、その言い分にはさまざまな困難が指摘されており、実現には至っていない。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。