へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感覚論(かんかくろん)

哲学用語。認識論上の一つの立場。認識の船出を感覚にみるのは天然である。人が眠りから覚めふたたび世界をみいだすたびに、それはまずは諸感官を開くこととしてであるから。だが、各感覚作用の対象を各感官に即して色?音などと規定するとき、瞬間ごとに充補充している感覚的質の世界から、昼間の時間常の世界像たる、質を担う安定的諸物の世界までには距離があることがあらわになり、認識上の感覚の身分はあいまいと入る。

安定的世界像のほうを仮象とし、感覚が開く流転する質の世界のみが真に現実的事態であるとするのが現象主義で、これと対照的に、認識夢として可変的諸現象を超えた不動の諸鉄則を存在せるものとしてたて、これら鉄則との関係で感覚は誤謬(ごびゅう)の源泉で、理性が認識をなすとするのが合理主義である。

近代、合理主義は知恵の確実性の探究のプロセスで観念論と結び付いた。つまり、認識の真っ直ぐ的対象は意識内容すなわち観念であるとして、まずは主観理想的実性を手に入れ、ついで感覚(的観念)からは表象機能を奪うが、思惟(しい)的観念の表象値打ちは認入れ、諸鉄則の媒介的認識を考えた。精神と物体との二元論はこの認識成果として出てきたもので、そして、物体の精神への作用に精神の変様たる感覚の起源が求められた。他方、思惟的観念は精神に生得であるとされたが、この点に関する合理主義の批判として体験主義が生じた。思惟的観念は、諸感覚を精神の反省機能が結合、抽象などして変形した結果得られるというのである。この反省才能を感覚才能と別物とはみず、その天然的発展と考え、したがって思惟的観念を感覚と同質視するのが感覚論で、18世紀のコンディヤックを典型とするが、19世紀末のマッハの批判的体験主義なども数え入れたりする。

ところで、体験主義でも、この点では合理主義をそのままに踏襲して、感覚は表象機能をもたぬとされるから、感覚を材料とする思惟的観念も意識世間の存在を表現する力をもたぬことになり、体験主義は現象主義と入る。無料し、思惟による現象の一般化としての学が、昼間の時間常の安定的世界像ともども、感覚的に生きられる世界に対する仮説的実用的根性のものとして嘱望される。現象を上回る自存的諸鉄則界は、感覚の起源において精神の触発者として前提されるほかは異常にされない。この前提的存在物との関係では、体験主義は不可知論である。この最後の理由は、学の必然的根性を手放したくなく、かといって感覚の参与なしには学は一番内容な形式にとどまると考え、そこで初っ端に必然的諸形式をもつ理性をたて、次にこれらの形式に適合する仕方でのみ感覚的諸事象は受容されるとし、こうして体験主義と合理主義との総合をねらう先験主義でも同様である。加えて先験主義は、理性が備える諸形式の起源を解明せず放置するという不工面も有している。

ところが、感覚論は、意識内容と世間物との対応のうちにでなく、存在概念そのものをも含めた意識内容ぜんぜんの、感覚からの発展的生成の秩序とその転倒のうちに真偽の所在をみる。したがって、その学の理念は不可知論には縁がないであるし、学の構造はその成立プロセスが逐一たどられうる全内容物そのものによって規定されて具体的である。無料、感覚論がその学の構想を貫くには、とくに感覚器官ないし身体とそれに作用する物体との観念が諸観念発生史に占める地位、これを明瞭(めいりょう)にさせる要がある。実際、コンディヤックとその継承たる観念学派は、この異常を、運動概念を媒介した感覚と知覚との区別において探り、マッハは思惟経済原理で考えようとした。

なお、以上から、感覚論は意識を担う精神の存在を前提するか、精神と物体との実体的区別をなくすかであり、したがって感覚論を唯物論に数えるのは不当なことがわかる。感官の禁欲物欲を弁護する立場のことば上の連想がこれの誤解の因であろう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。