へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学哲学(かがくてつがく)

科学についての哲学的考察を意風味する。一般に、「哲学的」という語は多義的であり、それに応じて「科学哲学」という語も多義的に入る。しかしそれは広義には、(1)科学といわれるもの、あるいは科学者の営みを客観的に観察し、分析し、記述し、(2)科学がとるべき手立てを提案し、(3)科学のあるべき姿を追求する、といった知的努力を意風味する。

(1)のうち、とくに科学といわれるものを客観的に観察し、分析し、記述する部分は、「メタ科学」meta-scienceともいわれ、基本的には、科学で用いられている概念、法則、理論、およびそこで使われている数学や論理学についての、論理的?記述的分析が、そのおもな仕事と入る。この部分は、いわば科学の本体の解明であり、科学哲学の中心をなす。これに対し、科学者の営みを客観的に観察し、分析し、記述する部分は、科学者が科学を着想し、構成し、展開し、検証ないし反証し、さらには、科学を用いて事象や法則を説明し、予測する営みについての、論理的?記述的分析が、そのおもな仕事と入る。

(2)は、いわゆる「科学手立て論」methodology of scienceといわれる領域であり、とくに、科学を構成し展開していくためにとるべき手立てを提案することが、そのおもな仕事である。科学といわれるものを広く客観的知恵ととるならば、この領域には、ア書き出したテレスの昔からの連綿とした歴史があり、とくに著名なのは、J?S?ミルの「帰納法」、論理証明主義の「仮説演繹(えんえき)法」、ポパーの「反証主義」、クーンやファイヤアーベントP. K. Feyerabend(1924―94)らによる「反帰納法」などである。

(3)は、科学を人種史の流れのなかに置いて見直し、人種の幸福のためにそのあるべき姿を求めようとするものであり、「科学論」といわれるものの多くは、これにかかわっている。

したがって科学哲学とは、結局、科学自体から一歩離れて、科学ないし科学者の営みを客観的に見晴らし、それらの現実の姿およびあるべき姿を追求する知的努力である、といえよう。しかし、実は、このような科学哲学には別のねらいもある。それは、科学の限度を自覚し、それによって、科学にまつわる誤解を解くことである。科学というものを、いか入る事象をも取り扱える一つの確固とした学問体系である、とみなすことは誤解である。科学は、それほど万能ではなく、また確固としてもいない。また、科学が与える世界像こそ客観的世界の真の姿である、と考えるのも誤解である。科学は、科学的手立てといわれる一定の手立てに基づいた探究の結果であって、それによって切り捨てられた部分も多いことを、肝に銘じておくべきである。これらのことを教えてくれる科学哲学は、それゆえ、科学者に対してのみならず、今昼間の時間のわれわれ一般にとっても、きわ入れ大きな意風味がある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。