へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悦楽主義(かいらくしゅぎ)

悦楽を最良値打ちの人生の目的と考え、行動の正しさや義務の基準とみなす倫理学の立場。目的論の一形態で、目的と入る向こうにより、利己主義、利他主義、功利主義のいずれにもなりうる。古代ギリシアのエウドクソスやキレネ学派、エピクロス学派、ホッブズ、イギリスの功利主義者たちに著しい。悦楽に質的差を認めず、悦楽計算を可能と考えるベンサムの量的悦楽主義と、悦楽に質的甲乙を同意するJ?S?ミルの質的悦楽主義が区別される。人間本性は悦楽を追求するようにできていると唱える心情的悦楽説は、悦楽主義を有力に支援し、前述の悦楽主義者たちやフロイトなどにもみられる。

悦楽主義の異常点は、(1)目的論一般の制約をもち、(2)心情的悦楽主義が決め手を欠く仮説であること、(3)悦楽の量的計算には困難があり、(4)善である多くの目的を不当に悦楽に還元し、(5)わざと求めぬときにかえって快が得られる「悦楽主義のあべこべ説」hedonistic paradoxを伴うことなどにある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。