へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閉じた社会?開いた社会(とじたしゃかいひらいたしゃかい)

H?ベルクソンが用いた社会類型で、それらは異質な二つの道徳、すなわち閉じた道徳?開いた道徳morale close-morale ouverte(フランス語)に対応する。

閉じた社会は、本能に近い病み付きや制度に由来する社会的義務によって、内から個人を拘束?威圧し、世間に対しては排他的であり、自衛と攻撃の準備を怠らぬ閉鎖社会である。原始社会がそれによほどするが、程度の差はあれ、文明社会もまた閉じた社会である。自宅族も都市も国自宅も、他者を選別し、排斥し、拒絶と闘争を生む。この社会の結合原理は、静止した病み付きや制度によって個人を社会に服従させる、非人格的で不変の閉じた道徳である。

これに対して開いた社会は、有限な、敵対的な閉鎖性を超えた、一番限の、開放的な社会であり、人類愛によって全人類を包み込む社会である。ここでの結合原理は、病み付き、本能などの天然力に基づく威圧や命令ではなく、天然から人間を解放し、生命の根源に触れる歓喜を目ざして絶えず前進?向上する、人類愛の道徳、開いた道徳である。したがって開いた道徳は、病み付きや制度といった非人格的な力によって担われるのではなく、選ばれた宗教的?道徳的秀才の人格的な「呼び声」(英雄の呼び声)そのものであって、自宅族や国自宅の閉じた道徳を超えた、愛において結ばれた人類社会に対応する。

ベルクソンは、こうした人類愛を結合原理とするイデアルな開いた社会と、自宅族愛や祖国愛に基づくリアルな閉じた社会とは、まったく異質の社会であるとし、静的?停滞的な後者から「生命の飛躍」によって動的?創造的な前者に超越できるとした。この2類の社会と道徳の対置によって、ベルクソンはデュルケームの社会学的宗教?道徳理論を哲学的に批判したが、同場合に多くの批判を受けた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。