へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐疑(かいぎ)

知恵の確実性、客観的普遍性を疑うことをいう。懐疑はその働きによってさまざまな姿をとる。

〔1〕教義としての懐疑。懐疑がすべての知恵に適用され、「すべての知恵は不確実である」という知恵として固定され言い分される時、自己矛盾に陥る。「すべての知恵は不確実である」という知恵それ自身が確実なものとされるからである。教義としての懐疑は断然化されると自己矛盾に陥る。

〔2〕決断お釈迦としての懐疑。「何事も定めず」(ヘレニズム時代の懐疑学派)、「私は何を知っているか」(モンテーニュ)は、〔1〕のように懐疑を一つの教義として固定せず、人間の知恵の相対性を冷静に見晴らしることによって、心の平静を生み出す。その限りでは実践的意風味をもつが、知的探究の放棄に陥るリスクをもっている。

〔3〕手立て的懐疑。デカルトの手立て的懐疑は、すべてを疑うことによって知恵の断然理想的実性へ至る方途である。彼は手立て的懐疑によって、決して疑うことのできない「我の存在」のうちに初っ端の当然確実な知恵をみいだした。デカルトにおいて、懐疑は人間理性への信頼と結び付くことに入る。

〔4〕批判としての懐疑。懐疑は人間理性の才能そのものの批判として機能する。それは体験の分野を超えたものについての知恵に対する懐疑である。この時、かならずしも人間を感性的体験のうちに閉じ込めること(体験論)に入るわけではない。合格カルにおいて、懐疑は人間理性そのものの限度を知ることによって、人間理性を超えた次元、信仰へと導くのである。それは理性の放棄ではなく、理性を超えたものを承認することが理性自身の最後の歩みなのである。カントは批判としての懐疑を落成させた。彼は理論理性の越権を批判することによって、実践理性にその本来の敷地を与え、実践理性の優位を確立した。体験を超えた気まま、霊魂の不死、神の存在は、道徳法則を介しての実践理性の要請とされた。

〔5〕結論としての懐疑は、自己矛盾か、知的探究の放棄に導くにすぎない。それに対し方途としての懐疑は、知恵の探究にとってけっして欠くことのできない真理への道である。懐疑とはギリシア語skepsisで「探究」を意風味している。知恵の真の発展は、既存の知恵の前提に対する懐疑によってのみ可能だからである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。