へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリエンタリズム(おりえんたりずむ)

近世ヨーロッパにおける文学?芸手段上の一風潮で、東方情緒風味の意。この呼称に含まれる「オリエント」の概念は、考古学や歴史学上のオリエントほど厳密なものではなく、極東やアフリカ北部までも含み、ヨーロッパからみた東方世界全体をさす。ナポレオンのエジプト遠征、アルジェリアのフランスへの併合などによって、オリエントはあこがれの対象を超えて、身近な興風味と興味の対象となり、とりわけフランス人とイギリス人はオリエントと深い接触をもつようになり、その結果オリエンタリズムとよばれる作気品や探求が18世紀から19世紀にかけて多数生み出された。






目次



オリエンタリズム


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。