へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

延長(えんちょう)

物体はすべてスぺース上に位置し、ある形と大きさをもってスぺースの一部を占入れいる。物体のこのような広がりが延長といわれ、物体の基本的な根性として度々注目されてきた。とくにデカルトでは、延長は心とともに実体とされた物体の本性と規定され、物体の世界の現象はすべてこの延長とその運動としてとらえられている。スピノザにおいては、物体は実体である神の属性の一つとされているが、そうした物体の本性としては、何と言っても延長が考えられていた。またロックにおいても、延長は第一性質として固体性などとともに実在性をもったものと考えられていた。

しかしカントに入ると、延長は物自体の属性とはされず、純粋直観の形式とされ、「直観の公理」によって体験の対象と入る限りの物体の根性とされる。すなわちカントでは、延長はその実在性が否定され、無料体験的な実在性をもつものとされている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。