へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エポケー(えぽけー)

ギリシア語のもとの意風味は「とどまること」「何かをしないでおくこと」。ピュロンその他の古代懐疑主義者たちが「決断停止」の意風味に用いた。彼らによれば、決断する人についても立場やコンディションや条件が多様であるから、何物も、一義的に善(よ)いとも悪いとも、また、あるともないとも決断できない。ゆえに、われわれは何事についても決断を差し控えるほかはなく、またそうすべきであるという。近代の哲学者フッサールは、このエポケーを、彼の現象学の手立てを表現することばとして用いた。この時は、純粋意識を記述する道を開くために、事物の存在について決断を控えることを意風味する。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。