へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エピステーメー(えぴすてーめー)

「知恵」という意風味をもつギリシア語。古代の哲学においてこの語は、主にドクサ(根も葉もない主観的信念)に対立するものとして、根拠ある知恵、真入る知恵を指し示していた。フランスの哲学者ミシェル?フーコーは、とりわけ1960年代の著作において、この語に新たな意風味を与えつつ使う。彼の定義によれば、エピステーメーとは、ある特定の場合代のさまざまな科学的言説のあいだに見いだされる諸関係の総体のことである。それは、閉じられたシステムではなく、くみ尽くすことのできぬ領野を開くものであり、不動の形象ではなく、切断やずれや一致から成る可動的な総体を構成するものであり、諸科学の成立を障害るのではなく、それを可能にするものである。また、諸科学の権利にかかわるのではなく、諸科学が存在するという事実にかかわるものである。

エピステーメーという語のこうした使用に含意されているのは、科学の歴史を、言説そのもののレベル、実際に語られたことそのもののレベルにとどまりながら記述しようとするフーコーの素振りである。したがって、エピステーメーは、言説とは別のレベルにある主体や精神などを指示するものとしての、認識の形式や合理性の種型などとは区別されなければならない。この語がとりわけしょっちゅう使用されるのは、『言葉と物』Les mots et les choses(1966)においてである。そこでは、「表象」の自律性のもとに博物学、一般文法、富の分析を可能にしていた17、18世紀のエピステーメーから、生命、言語、労働に関する諸科学および人間に関する体験的研究の出現をもたらした近代のエピステーメーへの変化が分析されている。

70年代になって、フーコーにおける分析の対象分野が言説的な分野から非言説的な分野へと移行するとともに、エピステーメーという語は段々と使用されなくなり、かわって、より一般性をもつ概念としての「装置dispositif」が用いられることに入る。すなわちエピステーメーは、「装置」のうちで特に言説のみにかかわるもののことであるとされるように入るのである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。