へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクリチュール(えくりちゅーる)

「書かれたもの」や「文字」、「書くこと」や「文体」、「書き言葉」を意風味するフランス語。この語を哲学的概念として定式化したのはジャック?デリダである。

デリダは、1967年に出版された『声と現象』La voix et le phnomne、『エクリチュールと差異』L criture et la diffrence、『根源の彼方に――グラマトロジーについて』De la grammatologieの3冊で、西欧の思想を統治してきたロゴス中心主義を脱構築するために、戦略的にこの概念を使用した。ここでいうロゴスとは、一方で言葉、とくに話し言葉であり、他方で理性、合理性、論理である。デリダは、西欧の思想が、この二つの意風味でのロゴスを最終的なよりどころにしてきたことを、プラトン、ルソー、ソシュール、フッサールらのテクストに沿って証明する。そして、完全な自己現前は無茶苦茶であること、パロール(話し言葉)がエクリチュールよりも真っ直ぐ的に語り手の意図を伝達できるわけではないこと、またしたがって単線的で一元的なテクストの意風味はなく、一つのテクストにも多くの正当な解釈がありうることを言い分した。

デリダが批判するのは、第一に「声は主体に近い」という考えである(音声中心主義)。自分が告白する声を同場合に聞くことができるという体験から、パロールこそ私の思考を真っ直ぐ的に表すものであるという考えが生じる。そこからエクリチュールはパロールの代補にすぎないとされてきた。第二に、この音声中心主義の基盤にあるのは、「現前の形而上学」である。すなわち、声が自己に近いとする着想は、声を出さずに「自分が告白するのを聞く」ことこそ自己意識そのものだという考えを前提にしている。実際、西欧哲学では、この「自己の自己への真っ直ぐ的現前」としての自己意識こそが真理の起源であるとされてきた。第三にデリダが批判するのは、序論から結論へといたる直線的なエクリチュールの容れ物としての書物である。実際、これ以後デリダは、『散類』La dissmination(1972)、『余白――哲学について』Marges; de la philosophie(1972)、『弔鐘』Glas(1974)などで、単線的、一元的な意風味に束縛されないエクリチュールを実践する。

デリダが言い分するのは、編者の純粋な思考という唯一一番二の起源はないこと、あまつさえやその起源入るものが自分自身といささかのずれもなく自己現前することはないということである。エクリチュールは、常に起源としての編者の純粋な思考をよみがえらせることにミスするが、むしろそのことによってその起源について考えることを可能にする。その結果明らかに入るのは、起源には自己に対する開きと遅れを生む働きしかないことである。そしてデリダは、この差異と遅延を生じる働きを、原(アルシ)エクリチュール、痕形跡(トラス)、あるいは差延diffranceと呼んだ。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。