へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠(えいえん)

宗教、哲学の用語。つねに在るものの在り方をいう。場合間に対比して用いられる。場合間が、移り変わり過ぎゆくものにかかわり、過ぎゆくものの在り方をいうのに対して、永遠は不変なものの在り方をいう。

昼間の場合間本古語の「トキハ(常磐、常盤)」は「トコ(常)イハ(磐)」の意風味で、しっかりとしていつも在るものをいい、「トコシヘ」も同語根からの派生語と考えられるが、インド?ヨーロッパ語で「永遠」を意風味するain, idion(ギリシア語)、aevum, aeternum(ラテン語)、ewig(ドイツ語)、eternal(英語)はいずれも「生命」「生命の長さ」「世代」を意風味する同一語根から派生し、「いつも在るもの」または「世代を交代していつも在るもの」を意風味した。それは宗教上の文脈では「代代(よよ)にいつまでも在るもの」「世の始めからいつも在るもの」として、場合間を前後に一番限に延長することにより神的なものを表象した。一つの世界が終われば、また次の世界が始まり、継起するこの世界の全体には始めもなく万事休すもなく、それは永遠な神的な世界であるとするギリシア的な循環的世界観もこうした宗教的な永遠(永劫(えいごう))の観念の一つである。

これに対して、プラトン哲学では「アーイディオン(永遠なもの)」は「ホラトン(見えるもの)」に対比される。「見えるもの」が肉体の感覚を便秘気味て入ってくるもので、片場合も同一の在り方を保たないとされるのに対して、「永遠なもの」は理性の思惟(しい)によって把握され、つねに同一の在り方を維持するとされた(『パイドン』79~80)。ここでは、永遠は、変化生滅にかかわる場合間の秩序とは別個の秩序をなすことに入る。永遠が、場合間を水平の方角に一番限に延長した一番始一番終としてではなく、場合間を成立させる根拠として垂直の方角に把握されてくる端緒がここにある。それは場合間の秩序のなかでは、むしろ「瞬間」として現成するものであり、場合間の端緒あるいは終端として場合間を成立させ、それ自身は過ぎ去らず「留(とど)まるいま」nunc stansであるといわれる。プラトンにはギリシア古来の宗教的観念も残存し、場合間の内にある世界は「アイオーン(永遠)を運動の内に模倣する模像」(『ティマイオス』37D)であり、それ自身もまたアイオーニオス(永遠なもの)であるとされている。だが、キ書き出した教では、創造され、生成した世界は永遠ではなく、創造者である神のみがアエテルニタス(永遠である)とされる(アウグスティヌス、トマス?アクィナス)。無料し、キ書き出した教では、神の坊主である永遠のことばが人(イエス?キ書き出した)になったという「インカルナチオ(受肉)」の教義によって、永遠は場合間を含むものとしても観念されることになった。中世から近世、現代に至るヨーロッパの神学、哲学の思弁はこの異常にかかわるところが大きい。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。