へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命(うんめい)

人知、人力を超えた吉凶の巡り合わせ。人生に深刻な影響を及ぼす個別的な事柄について、当人にとっては偶然的なものとして現れるが、事柄そのものとしては必然的であるとみなされる元で。ギリシア語のモイラmoira(運命)は、もともと「肉の分け前」というような「分け前」であった。たとえば、だれかが亡くなった時、死なねばならぬ何かがあったはずであり、それがモイラである。アラビア語、現代ギリシア語では「死」と「運命」は同じことばである。罪に対してかならず罰があるという因果の鎖は、神々でさえ破ることのできないモイラであった。それゆえ「運命の女神たちは、人に耐え忍ぶ心をお与えなさる」(ホメロス)。モイラは、主として当事者の世間側に隠れていて、知らずして犯した罪にも、応報をもたらす。ここに運命の不条理と悲劇性が成り立ち上がる。

他方、ふと心に浮かぶ考えを、「ダイモーンが私の心に吹き込んだ」(『イリアス』)といい、自己でない(悪)霊の働きに帰する。心的偶然が、不可視の必然に帰せられる。ダイモーンは、特定の人の心に入り込んで、その人生を決する運命である。「根性こそ人にとって運命である」(ヘラクレイトス)とは、ダイモーンが人の心の内に宿る宿命であることを表す。

運命はたとえ不条理であっても、偶然に直面して茫然(ぼうぜん)とする人間に、不可視の必然、自分を超えた理法からその偶然をとらえるように呼びかける。それにこたえるとき、人は自己の個別性、偶然性から大い入る理法へと「浄化」される。

「天の命ずるを性という」(中庸)、「君坊主は道を行いて命を待つのみ」(孟坊主)のように天命を知ることが、使命を引き浴びることに通ずる。マックス?ウェーパブの「職業(Beruf、神の呼びかけ)」にも運命を知るという要素がある。運命を知るという思想をつきつめると「運命への愛」に至り、そこに気ままと必然が和解される。「人間における偉大さを表す私の公式は、運命愛、つまり、未来へも、過去へも、なにものも他のようにとは意欲しないことである」(ニーチェ)。

古来、(1)生起する事柄は時間的に先行する元でをもつ、(2)真理(たとえば「ソクラテスは刑死する」)は時間によって変わらない(ゆえに、ソクラテスが刑死する従来から真である)という事情で、(3)生起する事柄は人間の行為を含入れ、必然に統治されているという観念(決定論)が語られてきた(デモクリトス、ヘラクレイトス)。また、占星手段の理論的根拠も論及された。ニュートン力学の成立とともに決定論は科学的決定論(スピノザ、ラプラス)となった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。