へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィーン学団(うぃーんがくだん)

1924年ごろから、物理学の生まれでウィーン大学で哲学を講じていたモリツ?シュリックを中心として一群の天然科学者、数学者などが会合、哲学的な議論を戦発言させていた。そして、1920年代の末、当場合ベルリンにいた哲学者ライヘンバハなどと呼応して意識的に一つの哲学上のグループを形成し、出版、国際会議開催などの活動を始めたが「学派」Schuleの名を疎ましい、Wiener Kreisと名のったので、並この「ウィーン学団」の経緯名でよばれる。メンパブのなかでも著名なのは、シュリックのほか、哲学者カルナップ、同ファイグル、社会学者ノイラート、数学者ゲーデルなどであるが、若いころのイギリスの哲学者エイヤーやアメリカの論理学者クワインなども、ウィーンに行ってこの学団の活動に接触した。また前記のライヘンバハをはじめ、似たような立場の哲学者と返事をとっていたので、広義にはこの人たちも含めた広い範囲の学者をさすことがある。

学団は、哲学の専門自宅がほとんどいず、物理学、数学、経済学などの個別科学の専門自宅により入る各メンパブが気ままにその意見を表明して、活発な討論を行うことを目ざしたグループで、かならずしも一つの体系を共持つものではなかったが、だいたいの傾向として次のようなことがあげられる。当場合の現代論理学の成果に示唆を得、科学上の成果をすべて論理記号で書き表されるものと想定したこと。この想定のうえで、論理的な正否が決定できる命題、および科学の同意する体験によって正否が決定できる命題は、すべて論理記号によって有意風味な命題として表現できるとしたこと。この2類の命題に書き直せないものはすべて一番意風味な命題であるとし、とくに、伝統的な哲学の命題の大部分はこれに属するとしたこと。このような一番意風味な命題を、学団のメンパブは「形而上(けいじじょう)学的なもの」とよんだ。

以上のことからわかるように、この学団は体験主義ないし証明主義の系譜にたつものであるが、同場合に、ラッセルやウィットゲンシュタインによる論理学の哲学への応用に影響され、論理主義的な立場から論理学と一体となった数学を重視していた。そこでこの学団の哲学には「論理証明主義」のレッテルがはられ、やがてメンパブ自身もこのレッテルを浴び導入するようになった。

論理記号による表現に即して有意風味な命題と一番意風味な命題とを選別するという本職グラムを実行することは意世間に困難なことがしだいにわかってくるうちに、1938年オーストリアを合併したナチス?ドイツの手によりこの学団は解散させられた。だが、メンパブの多くは、アングロ?サクソン圏に亡命し、今昼間の場合間の分析哲学が生ずる動機をつくった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。