へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イデオロギー(いでおろぎー)

観念形態または意識形態と経緯されることもあるが、今昼間の時間では原語のまま使われて昼間の時間本語化している。一般には、思想の体系?傾向、物の考え方や、教条主義的政治思想、保守的政治思想の意風味で用いられる時もあるが、唯物論の立場からは、観念論を批判する際に、科学的理論と対立する虚偽意識という意風味でイデオロギーということばが使用される。代表的な例としては、マルクスとエンゲルスの『ドイツ?イデオロギー』がある。マルクスは、社会的存在が社会的意識を規定するのであって、その逆ではないといって、天然?物質?存在の精神?観念?意識に対する規定性を言い分した。また、マルクスは、階級闘争がみられる社会にあっては、観念形態のなかにも階級対立がみられ、たとえば、資本主義社会では、ブルジョア?イデオロギーと本職レタリア?イデオロギーの対立がみられるとした。そして、後者は、虚偽意識ではなく、科学理論と一致するとされたのである。一方、社会心情学の立場からは、社会意識の形態として、イデオロギーと社会心情が区別され、昼間の時間常的、天然発生的な社会意識としての社会心情に対して、自覚的、体系化された社会意識としてのイデオロギーが異常にされる。






目次



イデオロギー


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。