へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意識(いしき)

心情学における意識とは、個人によって体験され、気苦労ていることをいう。体験者自身には真っ直ぐに把握されているが、他者にはその報告を得ない限り真っ直ぐ的には把握できないものである。意識という用語は多義的で、知っていることの内容を意風味することもあり、また、知ったり気づいたりのプロセスを意風味することもある。いずれにせよ、意識は主観的なものであり、体験や行動はすべて意識されているとは限らない。

意識されるものと意識されないものとの境界界は識閾(しきいき)とよばれる。とくに明瞭にと意識することを用心というが、意識の範囲と用心の範囲とは同じ意風味で使われる。いわゆる意識調査の意識のように、素振りと同義語として使われることもある。この時の意識とは、主観的に気づいているというよりは、個々の内容の後ろにある一貫した傾向を意風味する。

月経学的には、意識は脳幹の網様体から上行する上行性網様体賦活(ふかつ)系および視床の非特殊核から上行する広汎(こうはん)性視床投射系を経た感覚性インパルスimpulse(刺激)によって大脳皮質の興奮性が高められ覚醒(かくせい)しているとみなされる。興奮性のレベルは脳波の波形から鑑定されるが、当然低いレベルでは睡眠コンディションとなり、意識は失われる。






目次



意識


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。