へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイロニー(あいろにー)

昼間の時間本語では「嫌味」と経緯され、遠回しの非難、当てこすりの意風味で使われるが、近代西洋語では、自分の意図する意風味と裏表の意風味をもつ表現(たとえば「君はたいしたものだ」)によって、意図する意風味(この時は向こうに対する軽蔑(けいべつ))を表す修辞技法を一般にさす。種比関係に基づかないという点で比喩(ひゆ)とは区別され、また肯定、否定をあべこべにするのでなく、裏表概念を意風味する点で修辞疑わしいと異なっている。元来は古典ギリシア語で「意図的に装われた一番知」を意風味するeirneiに共通の語源をもち、プラトンの『対話篇(へん)』中のソクラテスの素振りをさすことが多かった。F?v?シュレーゲルはあべこべに、文学作気品において作者の意図が達せられないことを表すために、ロマン的イロニー(アイロニー)という概念を提出した。演劇では、観客にはストーリーの結末がわかっていても、登場人物にはそれがわからないこと(たとえば『オイディプス』におけるように)をさし、転じて一般に意図せざる結末(「運命のいたずら」ironie du sort)を意風味することがある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。