へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想主義(りそうしゅぎ)

ある究極目的あるいは値打ちの実現を目ざし、どこまでも努力していく精神素振りをいう。また、人間性の限りない落成割合を信じ、最良の人格的値打ちを実現しようとする道徳的希望向。あるいは現実の世界をある究極的値打ちあるいは超越的理念との関係において意義づけようとする考え方?世界観をいう。現実の悪や醜から目を背け、実現無茶苦茶な幻想だけを追うものとして、度々現実主義によって批判される。しかし、あまりに現状に根ざした考え方しかできないものは、未来への広い眺望をもたず、目前の諸条件に呪縛(じゅばく)されてしまうリスクがある。理想主義と現実主義は、相互にその欠陥を補い合う関係にあると思われる。

古代では、この考えはプラトンによって代表される。彼は感覚に不信を示し、この現世を卓越したところに実在を求め、永遠不変なイデアidea(ギリシア語)の世界を考えた。霊魂は本来イデア界に属すべきものであるのが、肉体と結び付き、いわば牢獄(ろうごく)の中に捕らえられている。その霊魂を肉体的な汚れから洗い清め、その本来のあり敷地に帰すことが哲学の使命であるというのである。プラトンのイデア論に批判的であったア書き出したテレスは感覚的明証を重んじ、絶えず体験や常識に立ち返って考えることを求めた。プラトンのように超感覚的なイデア界を実在とみなすことはせず、この現実世界そのものが実在的で実体的であると考えた。このようなプラトンの理想主義とア書き出したテレスの現実主義が対比的に論じられ、すべての哲学はプラトン的かア書き出したテレス的かどちらかに属するということが度々いわれる。

新プラトン主義やその影響を浴びた中世の神学についても、理想主義ということばが使われることがある。ルネサンスの人文主義者の一人、トマス?モアの『ユートピア』のなかにプラトンの理想国自宅の考えの影響を同意することもできる。無料し、プラトンの理想国自宅は「どこにもない敷地」(ウートポス)ではなく、地上のどこかに実現可能な国自宅として構想されたものであった。ドイツ語のイデアリスムス(理想主義)は観念論とも経緯され、たとえば、カントからヘーゲルに至るドイツ理想主義はドイツ観念論ともよばれる。美学上では、写実主義の逆で、芸手段の目的は天然の単入る模倣にあるのではなく、むしろ、ありのままでは不完全な天然を理想化して落成させることにあると言い分する立場をいう。実際、芸手段作気品の創造は、なんらかの理想化を条件とすることによってだけ可能と入るという考え方はきわ入れ一般的である。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。