へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模写説(もしゃせつ)

認識とは、認識する意識が、その世間部にある現実を模写し、鏡が物を映すように反映することだという考え方。デモクリトスに始まるとされる。

近代の模写説は一般に、(1)真理は実在と観念との一致である(真理観における対応説)、(2)認識対象と入る実在が、認識主観から独立に存在する(唯物論)、(3)認識主観は、本来いか入る認識内容をももたない(タブラ?ラサ=白紙)、(4)あらかじめ感覚の内になかったものは悟性の内にもない(感覚主義)、(5)認識主観は、認識そのものにおいて受動的素振りをとる(構成主義の否定)、(6)客観的実在そのものが一定の形式と自己統一をもつ(実在論)、という前提から成り立ち上がる。レーニンの「物質とは人間にその感覚において与えられており、われわれの感覚から独立して存在しながら、われわれの感覚によって模写され、摂映され、反映される客観的実在である」という考えはその代表例である。今昼間の時間、模写説をそのまま言い分する立場は、ロシア?マルクス主義を除いて、ほとんどない。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。