へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必然性(ひつぜんせい)

事柄が成り立ち上がるということについて、その事柄がかならず成り立ち上がるべきものであるという時と、たまたま成り立ってはいるが成り立たないこともありうる時との区別があるように感ずる人がいる。こういう人にとって前者の時は、「必然性のある時」といわれるのである。たとえば、自分がある自宅系に天性たことは必然的なことだと感じている人もいる。その反面、どういう自宅系に天性るかということには必然性はないと感じている人もいる。このように、多くの時、必然性の有る一番しは、感じによって決まるので、主観的なことである。これに対し、「だれでもが認めなくてはならない必然性もあり、たとえば数学的な真理や物理法則には、客観的な必然性が伴う」と言い分する哲学者がいる。また、これに逆し、必然性を客観性のある概念としては認めない哲学者もいる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。