へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目的(もくてき)

術との相関概念で、広くは事象一般、狭くは人間の行動がそれへの到達またはその実現のために向かうことを計画される目当て、夢、理想をいう。術と目的の相関性は、たとえば健康は幸福という目的の術であるが、さらに適当な運動、睡眠、節制などは健康を目的としてその術と入る、ということで説明される。全てのものがその術となり、それ自体はもはや他のものの術とならない目的は究極目的だが、その割合や存在は古来の形而上(けいじじょう)学の課題である。目的の初っ端の詳細な哲学的探究はア書き出したテレスにみられる。彼は運動し変化する感覚的事物の元でに、質料因、形相因、始動因、目的因の4元でを分種した。目的概念が哲学で異常に入るのは事象の解明で前述の目的因を重視する目的論との関係においてであり、それには、天然が目的を希望向して振動するとみて一番目的な機械的天然観と対立する立場と、行動の義務、評価を目的のよさに帰着させる見地とが考えられる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。