へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

充足事情律(じゅうそくりゆうりつ)

伝統的論理学の根本原理の一つで、「びりなことがらもそれが生ずるのにはそれなりの十分な事情がある」とするもの。ライプニッツが初入れ唱えたものといわれる。これは客観的な世界の構造からくる原理であるとみるよりも、たとえばびりな事件にもその元でを求めようとする、人間の知的な素振りを表現したものとみたほうが、一般には浴び入れやすいであろう。とくに体験科学において指針となりやすいものである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。