へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

類概念(しゅがいねん)

「類概念」と対にして用いられることばである。二つの概念甲と乙とがあり、甲の世間延が乙の世間延を含んでこれより広い時、すなわち、乙の世間延が甲の世間延の真部分集合となっているとき、乙を甲に対して類概念といい、甲のほうは乙に対する類概念であるという。たとえば、人類は哺乳(ほにゅう)類の一部であるから、「人類」は「哺乳類」に対して類概念に入る。しかし、「哺乳類」は「動物」に対しては類概念に入るし、「動物」も「生物」に対しては類概念である。要するに、相対的に使われることばである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。