へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主概念(しゅがいねん)

伝統的論理学で決断の主語の位置にくる概念をいう。たとえば「人間は哺乳(ほにゅう)動物である」では、「人間」が主概念である。昔は「主辞」ともいった。「概念」ということばは、だいたい、並名詞的な表現、すなわち、現代論理学でいうと集合をさす表現について使われるのが並であるが、「ソクラテスは哲学者である」という決断では個体をさすことばが主語になっていて、これも主概念だということがある。ここから、個体を「主概念によっては名指されるが賓(ひん)概念(述語)によっては名指されないもの」と根性づける考え方が天性る。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。