へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集合論(しゅうごうろん)

1874~1897年にカントルによってつくられた数学の一領域。彼は集合を次のように定義した。「集合とは、明確に定義され、かつ互いに明確に弁別できるわれわれの直観あるいは思惟(しい)の対象mを、一つの全体にまとめたものMのことである。mをMの元(げん)という」。集合は、与えられた性質を満たす対象の全体としても定義できる。集合概念は広い概念で、一番制限に用いるとパラドックスを引き起こす。公理的な手立て、あるいはたいそう大きい集合を、集合とは異入る「種」という概念で区別することによって、パラドックスは避けられることがわかった。






目次



集合論


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。