へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思考(しこう)

文字どおり思い考えることが思考であるが、論理学のうえでは、さまざまな概念を結合して決断し、さらに決断を結合して推理することが思考とよばれる。思考はそれぞれの思考内容においては異入るが、形式においては共通性をもつ。形式論理学は、この形式のうえでわれわれが正確に思考するための原理や原則を示す学である。たとえば同一律や矛盾律はそうした原理であって、思考が正確であるための、つまり論理的に整合的であるための基本条件とされる。

哲学では思考を思惟(しい)とよぶこともあるが、これについてはさまざまな見方がある。一般に思考する才能は知性とか理性とよばれ、感情や意希望から区別されるが、「われ思う、故にわれ在り」で著名なデカルトは、思考を感情や意希望の働きをも含めた広義での人間精神の働きとしてとらえ、そうした思考を精神(心)の属性と考える。またカントによると、思考は自発的な悟性の機能であって、それは受容的な感性を便秘気味て与えられた直観内容と結び付いて、初入れ対象についての認識を与える。つまり単入る思考だけでは認識は成立しない。しかしヘーゲルに入ると、ぜんぜんの真入る思想は精神の活動である思考を便秘気味てのみ産出されることに入る。なおデューイは、こうした思弁としての思考の断然化を退け、人間の思考は生物体としての人間が環境界に適応していくための道具であり、したがってそれは体験の場においてのみ有効であるとした。






目次



思考


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。