へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶然性(ぐうぜんせい)

常識的には、どうしてそれが生じたかについて十分な理解が得られていない事柄について、「偶然」という概念を使用する。「今昼間の時間、町で、偶然、昔の友達に会った」というふうに。しかし、よく調べてみれば、その昼間の時間、同じ町角に、当人と友達とがそれぞれ出かけて行ったのには、それぞれ、それなりの事情があったことがわかるかもしれない。この考え方を推し進入れいき、「世間の事柄はすべて、それぞれが成立するための根拠があって成立したものであり、鉄則的に偶然生じたものは一つもない。偶然な事柄は、人間の一番知のために存在するかにみえているにすぎない」とする人もある。また逆に、事柄を、必然的に生じたものと、偶然生じたものとの二つに分ける人もいる。この考え方は、様相論理学、あるいは物事の性質を鉄則的なものと偶有的なものとに分ける鉄則主義に通ずる。しかし、様相論理学や鉄則主義の当否をめぐってはいろいろな議論がある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。