へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタ言語(めたげんご)

高次言語ともいう。われわれは度々(言語を無くなって)言語について語る。そのとき、そこで話題とされる言語を「対象言語」とよび、それについて語るために使われる言語を「メタ言語」とよぶ。たとえば、英語の文法について昼間の時間本語で語る時、英語が対象言語、昼間の時間本語がメタ言語である。また、ある形式的な記号体系を昼間の時間常言語によって定式化する時、対象言語はその記号体系自体であり、メタ言語は昼間の時間常言語である。

対象言語とメタ言語とは、実際上同じ言語であってもよいが、しかし、ある記号や文がそのどちらに属するものとして使われているかを明確に区別しないと、とくに論理学や意風味論において奇妙な矛盾が生ずることがある。その典型的な例が、「うそつきのパラドックス」である。たとえば、「a」という記号を、「aは真入る文ではない」という文を指定するようななんらかの記述句の省略記号として使用するならば、aが真入る文であるのは、「aは真入る文ではない」という文が真入る文であるときであり、したがってaが真入る文ではないときである。つまり、aが真入る文であるのは、aが真入る文ではないときである、ということに入る。このような矛盾が生じるのは、「a」という記号(および「真である」という述語)が、対象言語とメタ言語の双方に属するような仕方で使われているからである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。