へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意風味論(いみろん)

文字どおりにとれば、ことばとその意風味との関係を論ずる領域ということになり、言語学には、この根性づけに応ずる部門がある。哲学でも、この関係は昔から大きな異常だったので、これを論ずるという意風味での意風味論的な哲学は、いくつもあげることができる。しかし、ここでは、一場合、分析哲学のほうで使われた特別な根性づけに追随して意風味論を紹介する。わが国では、哲学での意風味論というと、この根性づけによるものとされることが多いからである。

1920年代、数学者ヒルベルトは、集合論の公理群が矛盾を含むかどうかを探るために、理論を論理記号を用いてすっかり形式化したうえで、記号が何を指示しているかを問わず、論証を記号配列の変形プロセスとしてとらえることにより、まったく形式的に理論の構造を分析する手立てを提案した。この手立てが哲学においても意世間に有用であることを見抜いたのが、ウィーン学団の指導的哲学者カルナップで、この手立てにより展開される哲学の領域を「論理的構文論」(シンタックス)とよんだ。そうして、古来の哲学的な異常の多くが、この構文論のなかで記述され、また究明されると言い分し、多くの論理証明主義者に感銘を与えた。

しかし、やがてカルナップは、構文論だけでは哲学の異常を解くのに不十分であると感ずるようになり、1940年前後から、言語とこれによって指示される事態との関係を論ずる領域の重要性を説き、これに「論理的意風味論」(セマンティクス)の名を与えるようになった。この際、論理学者タルスキーの影響を強く浴びているといっていることからも察せられるように、これは、論理学のほうでの、形式化された理論とそのモデルとの関係を集合論を無くなって探る手立てに示唆を得、これを哲学のほうに導入しようとしたものとみることができる。この手立てにより展開される論理学の領域を現在では「モデル理論」とよんでいるが、これも一場合は、カルナップのことば遣いの影響を浴びて「意風味論」とよ露見していたことがある。現在、論理学のモデル理論はなお大きな威勢で発展しているが、カルナップの意風味論はその後、大きな体系とはならなかった。しかし、分析哲学は、一場合、言語内部に立てこもり、言語の表現する事態に踏み込むことには小心者(おくびょう)だったのに、また改入れ言語の指示の異常に目を向けさせたという点で、カルナップによる意風味論の提唱には、当場合にはそれなりの意義があったとみるべきであろう。






目次



意風味論


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。