へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明証(めいしょう)

直証的なもの、つまり精神の了承を無料ちに獲得しうるもののもつ根性。ある命題はその意風味が精神に真っ直ぐ的に明らかであり、かつそれが真か偽かを問うて、その真であることがすこしも疑いえないとき、明証的であるという。明証が客観的に精神の真っ直ぐの対象である観念や命題それ自体のもつ根性であるのに対して、確実性はそうした対象を知覚する精神の主観的なコンディションをさす。この意風味で、明証性と確実性とは同一の事態についての二つの異なった表現にほかならない。代表的観念ides reprsentatives(フランス語)の理論にたてば、精神の真っ直ぐの対象は観念であるが、精神に真っ直ぐ現前するのは世間的対象そのものであるとする説もある。「明証とは対象そのものの意識への現前である」(サルトル)。デカルトは観念の明晰(めいせき)判明であることを真理の基準としたが、このような真理観は一般に明証説Evidenztheorie(ドイツ語)とよばれ、現代ではフッサールの現象学において継承されている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。