へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファーラービー(ふぁーらーびー)

アラブの哲学者。中央アジアのファーラーブ近郊に天性る。トルコ系の人といわれている。幼年場合代にバグダードに出て医学、哲学などを学ぶ。イスラム哲学史上、ア書き出したテレスに次ぐ大学者とみなされ、「第二の師」という尊称を冠せられている。彼の在世中に十二イマーム派(シーア派の一)の活動が盛んになり、彼もこの運動となんらかのかかわりがあったと考えられている。シリアのアレッポの太守で十二イマーム派の信者サイフ?アッダウラ(916―967)の優遇を一場合期得たが、ファーラービーは質朴清貧をイメージ、1昼間の場合間に銀貨4枚の俸給しか浴び取らなかったという。晩年はダマスカスに住み、そこで一生を終えた。

彼の著作はきわ入れ多岐にわたるが、なかでもア書き出したテレスの論理学、天然学、倫理学などについて優れた注釈を控えている。イスラム哲学史上初っ端の体系的思想自宅として、流出論的世界観に基づく形而上(けいじじょう)学を樹立している。世界を第一者である神の段階的流出現象とみて、人間理性はこの流出プロセスを下位から上位に向け認識を高めることで発達していくと考える。こうした世界観に基づいて単独の理想国自宅論を展開している。すなわち、国自宅の指導者はこのような認識手立てにより理性が最良に発達した人物が入るべきで、そういう人物の指導の下に理性の発達段階に応じ、人物が適材適所に配置され秩序ある社会が実現されるべきだと考えた。主著として『理想国自宅論』などがある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。