へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鄭目標周(ていむしゅう)

朝鮮、高麗(こうらい)末期の政治自宅、儒者。慶尚(けいしょう)道迎昼間の時間の人。号は圃隠(ほいん)。滅亡の道をたどる高麗王朝に最後まで忠義を尽くし、その存続のため政治(地方官の刷新、法制の整備)に世間交(明(みん)朝成立後、親明世間交を推進)に東奔西走の活躍をした。学者としても東方理学の祖といわれたほどの卓抜な朱坊主学理解を示し、門下から次の李朝(りちょう)朱坊主学を担う逸材が輩出した。恭譲王を追放して王位につこうとした李成桂(りせいけい)を除こうとして、彼はやっと56歳で李一派に暗殺された。だが、二朝に仕えることを拒絶した彼は、かえって李朝で高い評価を浴び、長く慕われた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。